イメージ画像

薬剤師求人サイトを上手に活用しよう!

2008年度から4年間連続で大学の薬学部入学者人数が、総定員割れを起こしている社会的な問題が発生しています。なぜそんなことが起こってくるのでしょうか?

薬学部定員割れの原因はどこにあるのでしょうか?とりわけ地方都市や、私立大学の薬学部の定員割れが目立ちます。その原因となるのは2000年代後期に私立大学薬学部が急激に増えたことです。2002年の私立大学薬学部は29校でありましたが、2010年には57大学にふえています。約二倍になっています。

1990年以降に医薬分業が促進されました。そしてドラッグストアの全国展開などで、薬学部のニーズが一挙に拡大したのです。だから、ニーズの拡大を予測して色々な大学が一挙に新設の申請を行ったのです。

そして国は安易に認可し続けたのが大きな原因となっているのです。さらに2006年度からスタートした6年制制度も定員割れとなっている原因のひとつです。今の日本国民の平均所得は長期に渡って減少傾向にあります。だからお子様を6年間も大学に通わせるのが経済的に不可能になってきているのです。

それと同時に他の学部よりも二年間余計に大学に在学していることが、就職活動に不利になるという考えもあるからです。そして少子化の影響は当然あるでしょう。

2010年度は地方の大学や新設校を中心にして22大学が定員われを起こしています。その影響もあり定員幅の縮小が行われました。2011年度の定員割れは20大学となって2大学減少しました。けれども、実質的な入学者は2010年度よりは少なくなっています。薬学生は徐々に減少傾向にあるということですね。

この状態で定員割れが続いていくと、大学の経営が逼迫します。そして教育の品質も低下する懸念があります。将来を考えると国家試験の合格率にも影響するのは明らかです。新たに四年制の学科を作ったり、他の学部の学生を薬学部に移動させたりする措置がとられています。しかしながら、本質的に解決するような対策ではないのです。

薬剤師の中でもよりよい求人を見つけるには?

かつては女性の人気が高い学部と言われたのが薬学部です。一部の大学では男子学生よりも女子学生の方が多かったのです。それは専門性が高いにもかかわらず、医師や看護師と比較してそれほど困難さを感じないことも理由です。そして結婚・出産後も薬剤師求人サイトを使って復職しやすいのが理由です。

そのため、薬剤師志望の学生が減ったといっても、人気の薬剤師職種にはまだまだ希望者が殺到しています。やはり、よりよい職場環境で働きたいと考えるのは、誰しも同じです。とはいえ、そうした求人の大多数が非公開なのも事実です。そんな時、上手に活用したいのが、薬剤師求人サイトです。登録するだけで、優良な求人情報を無料で紹介してもらえるので、活用しない手はありません。以下では、おすすめの派遣薬剤師の募集サイトを紹介しています。

現在では、在宅・緩和医療チームだとか専門薬剤師や認定薬剤師などのより一層に専門性が高い仕事が誕生しています。調剤薬局の分野でも、ジェネリック医薬品等で取り扱う品目が大幅にふえています。こういった環境の変化によって、心理的なハードルの高さを感じさせています。その結果、女子学生を中心に敬遠される傾向にあります。

<< 薬剤師求人のためのおすすめサイト >>

一度は薬剤師として働いたものの、結婚・出産を機に退職される方は沢山います。その後、育児に一区切りついてまた再就職しようという薬剤師の方も沢山います。そんな薬剤師の再就職を支援する情報サイトです。
パート薬剤師の場合、保険ってどうなるの?

薬剤師転職〜薬剤師の仕事内容について〜

薬剤師は医療従事者に属します。医療従事者とは医師や看護師、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士といった医療に携わる様々な職種のことをいいます。その中でも特に薬に携わるのが薬剤師です。薬剤師は具体的にどのような仕事をしているのか説明していきます。

主な仕事は薬の調剤と服薬管理です。処方箋を持って薬局にいくと薬をもらいます。その時にどのような薬の飲み合わせが危険かまたその薬にはどのような副作用があるのかといったことを教えてくれるのも薬剤師です。
公益財団法人慈愛会 今村病院

薬局で多くの人が薬をもらうときに接するのが薬剤師ですが薬剤師の仕事はそれだけではありません。処方箋を出した医師に対して薬に関する最新の情報を提供することも薬剤師の仕事です。ここまでの話は主に病院や薬局での薬剤師の仕事内容です。

次に製薬会社での薬剤師の仕事内容を説明します。

一つ目は製薬会社での仕事内容は既に出回っている薬の製造です。薬も使えばなくなるため新たに作る必要があります。しかし薬の製造過程は複雑で多くの化学反応を起こします。そのため薬の製造に関しては薬剤師の知識が必要になります。

二つ目は新薬の開発です。これはまだ特効薬がでておらず治療が困難な難病や感染病など様々な疾患に対する新薬を開発することが求められます。最近ではエボラ出血熱に対する新薬が開発されましたがこれも薬剤師のおかげです。

三つ目は薬を正しく服用させることです。既に出回っている薬に関しては服用方法や服用回数が患者さんによって決まっているため患者さんが服用方法をしっかりと守れば大丈夫です。精神科の場合は話が別になります。

しかし、新薬の場合は正しい服用方法が確立されていません。そこで薬剤師は何回も研究をしたり治験をして正しい服用方法を確立させるのです。

最後に保健・行分野で活躍する薬剤師の仕事内容について説明します。衛生研究所という感染症などについて様々な研究を行う場所で活躍する薬剤師もいれば国家公務員として厚生労働省で活躍する薬剤師もいます。

薬剤師の年収はどれくらい?

薬剤師は比較的年収は低いと言われますが、本当でしょうか。今回は病院勤務の薬剤師について調べていきましょう。

病院には国立病院と民間病院があります。この違いが給与の面でも違いにもあらわれてきます。国立病院の薬剤師は公務員に分類されます。つまり、給料は一律です。

現在の6年制過程を、薬剤師になった場合の初任給は200,800円と決められています。これは、4年制大学、医学部などの6年制及び修士卒の年収と比べれば低い部類となるでしょう。

しかしながら公務員である薬剤師の平均月収は36万円、平均年収は600万円となっており、これは最初こそ低い薬剤師の年収ですが、後から年収が上がっているということを示しています。さらに、公務員ですので残業手当がきちんと計算されたり福利厚生が充実しているというのも魅力となります。

対して民間病院の薬剤師の初任給の相場は20万円から25万円、つまり平均年収は300万円から350万円が相場となっています。民間病院勤務の薬剤師の平均的な年収は400万円から650万円とされています。 つまり、公務員薬剤師は初任給は低くても後から年収が上る可能性があり、民間病院勤務の薬剤師は最初の年収は良いが後々の年収はあまりあがらない、ということがいえます。

それではなぜ薬剤師の年収が低めとなっているのでしょうか。 日本国民は基本的に健康保険証を持っています。医療費の自己負担は3割、残りの7割は国が負担をします。医療費が国の財政に重くのしかかる現状から、医療費に割く財源を減らしています。

そのため病院には欠かせない医師や看護婦の給与を守るため、比較的優先順位の低い薬剤師の人件費が削られるということになっているのです。

それでも薬剤師は人気の高い職種です。人によってその目的は様々ですが、最先端の治療法や臨床的な研究に関わることができたり、患者さんと密に接する現場であったり、大変やりがいのある業種であるといえるからです。

年収の面では比較的難しい職業ということになります。 とはいえ、一般的なサラリーマンの平均年収が400万円といわれる時代ですし、魅力的な職種といえるのではないでしょうか。

このページの先頭へ